子どもの治療

子どもの歯の生え変わり時期

・乳歯列期(1~6歳)乳歯が生え始める~6歳臼歯が生える

・混合歯列期(7~12歳)乳歯が永久歯に生え変わる~12歳臼歯が生える

・永久歯列期(13~18歳)永久歯への生え変わり完了~親不知が生える

矯正治療における区分

図: 期間

治療について

早期治療

主な症状

受け口、顎が左右にズレている、咬み合わせが深い

目的

顎の成長を促し、咬み合わせを改善する

使用する装置

早期治療用マウスピース

Ⅰ期治療

主な症状

歯がガタガタに生えている、受け口、上下の咬み合わせが深い 奥歯で噛んでも前歯が大きく開いている

目的

将来生えてくる永久歯のスペースを確保し、 正しい咬み合わせになるよう誘導する

使用する装置

拡大装置(固定式もしくは可撤式のもの)
必要であればブラケット

Ⅱ期治療

主な症状

歯がガタガタに生えている、受け口、上下の咬み合わせが深い 奥歯で噛んでも前歯が大きく開いている

目的

最終的な歯並びと咬み合わせの獲得、早期治療及びⅠ期治療の仕上げ治療

使用する装置

ブラケット